卒業式卒園式での礼服(ブラックフォーマルママスーツ)のポイント

子どもの卒園式や卒業式に着る服は母親にとって悩みの種の一つですよね。

何人かお子さんを育てている方、何度も入学式や卒業式、入園式や卒園式を経験したことがあるママさんならともかく、初めての子どもの卒園式や卒業式だと着ていく服一つとっても迷ってしまうものです。

そこで、ここでは卒園式や卒業式におけるブラックフォーマルのポイント、マナーなどについてご紹介したいと思います。

ブラックフォーマルでも問題ない

ブラックフォーマルと聞くと喪服と思ってしまう方は少なくありません。実際に喪服とブラックフォーマルをイコールだと思っている方は大勢いますし、ブラックフォーマルはお葬式やお通夜のときに着用するものだと勘違いしている方が実に多いのです。

しかし、これは大きな間違いで、ブラックフォーマルだからといってイコール喪服ではありません。

現在では慶弔兼用のブラックフォーマルなども販売されていますし、さまざまなシーンでブラックフォーマルは着用されています。では、卒園式や卒業式にもブラックフォーマルで参加して良いのかというと、これは賛否両論別れてしまいます。

ただ、ブラックフォーマルは基本礼服ですし、卒園式や卒業式などの式典で着用するのにさしたる問題はないはずです。

実際、お子さんの卒園式や卒業式でブラックフォーマルを着用したことがあるという方はたくさんおられると思いますし、着用するつもりという方もおられるのではないでしょうか。

ひと昔前だと確かにこのような式典で黒い礼服を着用するのはNGのような風潮もありましたが、現在ではそこまで問題視されることはありません。

ただ、いかにも喪服といった雰囲気の着こなしをしてしまうと場に相応しくありませんからそこだけは気を付ける必要があります。

つまり、ブラックフォーマルで卒園式や卒業式に参加してもOKだが着こなしに注意すること、というのが結論になります。

男性の卒園式や卒業式の服装

卒園式や卒業式に参加するのは何もママさんだけではありません。

お父さんは昼間働いていることが多くなかなか卒園式や卒業式に参加できないケースも多いですが、お子さんの晴れ姿を見るためにわざわざお仕事を休んで参加される方も大勢います。

卒園式や卒業式に参加するお父さんも服装のことで悩んでしまうケースが多いですし、ブラックフォーマルで参加して良いのかどうかと悩んでしまう方もいます。

しかし先ほども言ったように、ブラックフォーマルで卒園式や卒業式に参加するのは間違いではありません。

着こなしにさえ注意すれば大丈夫です。

男性の場合は女性ほど難しくありませんし、定番のカラーは黒やグレーですからブラックフォーマルでも特に違和感はありません。

スーツの形はダブルだと形式ばって見えますから、できるだけシングルのほうが良いでしょう。ダブルしか持っていないという方もおられるでしょうが、別にダブルでもそこまで問題になるわけではないため大丈夫です。

ダブルはより一層正装に見えますから少々堅苦しく見えてしまいますが、だからといってそれが悪いわけではありません。本人さえ気にならないのなら大丈夫です。

どうしてもないという時は喪服をレンタルしましょう。※参照:喪服レンタル【即日発送・翌日配達】急ぎで借りれて料金も安い

 

シャツやネクタイの色

シャツの色は基本的に白がおススメでしょう。定番なのは白となりますから白を選んでおけば間違いはありません。

白なら日頃から仕事で着用することも多いはずですしわざわざ買いそろえる必要もないでしょう。

また、薄いブルーでも大丈夫ですし、薄く縦じまなどが入っているシャツでも特に問題はありません。

色の濃いシャツは原則避けるべきですし、ピンクやダークブルーなどはNGです。

卒園式や卒業式はあくまでお子さんが主役ですし、お子さんよりも目立つような恰好をするのは厳禁です。

フォーマルな場所でそのようなシャツを着てしまうと周りから笑われてしまいますし、お子さんも笑われてしまいますよ。

ネクタイの色も気になる部分でしょうが、ネクタイはシルバーがもっとも一般的です。また、赤や青、薄いピンクなどもネクタイの色としては人気があります。

明るく光沢のあるネクタイがこのような場では相応しいですから、なるべくそこを考慮したうえで選ぶようにしましょう。基本は無地ですがドットやストライプでも問題はありません。

シャツと同じようにあまりにも派手なネクタイはダメです。また、ブラックフォーマルで黒のネクタイとなると完全にお葬式スタイルになってしまいますからそれもやめておきましょう。

 

母親の卒園式や卒業式の恰好

基本的に落ち着いた雰囲気の恰好なら問題ありませんし、ブラックフォーマルで参加するのもアリです。お世話になった方への感謝と別れの場でもありますからあまりにも派手な格好はNGとなります。

ブラックフォーマルなら基本問題ありませんが、そのままだとお葬式のときに着用する喪服のように見えてしまうため多少は工夫して着こなさなくてはなりません。

どのように着こなすかということですが、まずストッキングには黒やグレーを使わないのが基本となります。

ブラックフォーマルに黒のストッキングとなると完全にお葬式に参加する格好になってしまいます。できればベージュなどがおススメですし、明るめのストッキングを履くべきでしょう。

ちょっとしたアクセサリーを使ってみたり、コサージュをつけたりして華やかさを多少加えると随分印象も変わってきます。

靴もできるだけビジュー付きやエナメルなど華やかに見えるものを選ぶのが基本となります。

ママさんの注意ポイント卒園式や卒業式に参加するママさんの注意ポイントですが、あまりにも主張しすぎるアクセサリーはNGとなります。

人によってはたくさんアクセサリーを身に付けて参加したり、派手な宝石やネイルで参加するような方もいますが、これは基本的にNGとなります。

卒園式にしろ卒業式にしろフォーマルな式典ですからその場に相応しい恰好をしなくてはなりません。

主張しすぎるアクセサリーだと卒園式や卒業式に出席しているお子さんよりも目立ってしまう可能性がありますから、主役よりも目立つようなことをしてはいけません。ミニスカートなど露出が多い恰好もNGです。

これも意外とやってしまいがちですし、実際にミニスカートや露出の多い恰好で式典に参加してしまう方は少なくありません。

いくら時代が変わったとはいえ式典でのマナーまで変わったわけではありませんし、その場所に相応しい恰好で参加するのは当然のことです。

ミニスカートやショートパンツ、胸の谷間の露出や過剰な足出しなどこれらはすべてNGとなりますから注意しましょう。あくまでも主役は式典に参加しているお子さんですから、そこをしっかりと理解した格好で参加するべきです。

地域や風習によって多少の違いはあると思いますが、とりあえずここでご紹介した内容はほとんどNGになるはずです。

自分だけが恥をかくのならともかくお子さんも恥をかいてしまいますから、卒園式や卒業式に参加する予定があるママさんはしっかりと覚えておきましょう。
卒園式や卒業式に参加するときのブラックフォーマルのポイントや注意点などについてご紹介しました。

ブラックフォーマルは礼服の一つですからこのような式典に着用しても問題ないのですが、お父さんもお母さんも着こなしには注意する必要があります。

大切なポイントをしっかりと押さえて卒園式や卒業式に参加してください。