予期せぬ出費もあるけれど・・・

富士山で行われた雪まつりに行ってきました!

日々必要な生活費用だけでいっぱいいっぱいですからね。旅行だからと言って使いすぎるわけにはいかない。

主婦のみなさんが、毎月の出費の大まかな見積もりを立てて生計していることと思います。

例えば卒業や進学にまつわる3月や4月(高校や大学など義務教育を離れた途端、どっと支払うものが大きくなります。)。また、自動車税など、税金の支払いがく5月あたりも。

夏や冬の季節になれば、冷房暖房費もかさみます。分かっていることとはいえ、日ごろの節約で補えるように一年単位でのお金のやりくりも考えなければなりません。

が、それでも、予期せぬことがあります。例えば、電化製品などが続けて壊れること。購入日が近いこともあるのか、なぜか一つ壊れると、もう一つ何かの調子が悪くなると言う方が多い気がします。修理するよりも買い換えた方が安いことが多く、生活に欠かせない製品の場合は仕方なくあきらめて購入します。

また、自動車にかかるお金。地方に住んでいるので、公共の乗り物で移動するのは時間がかかります。家族の人数分の自動車を持たなければならないのが現実です。

税金、ガソリン代、車検、修理代、タイヤ代、冬にするタイヤ交換、タイヤそのものを買い換えなければいけない時(特に冬タイヤ)など、結構な額になりますが、これも必需品なのでなくすわけにはいかない出費です。

さらに冠婚葬祭。これも素通りにはできない人付き合いので、知らないふりはできず、不思議と続くときにいくつも重なることが多く、特に「葬」については、いたましいことでありますが、予期せぬ不意の出費となっています。

おめでたい祝い事も、「誕生」「お年玉」「七五三」「入園」「入学」「卒業」「就職」「結婚」「出産」・・・と延々と続くので、親戚関係だと複数重なることもあり、ちょっと出費的には痛いなあと感じることもあります。

それをうまく乗り越える対策なんてなかなか思いつかいないのですが、基本は「可能な限り出費を見通す」ということ。つまり財布から出ていくお金のケースを予測し、それをよく吟味するということです。

また、何かを購入する場合は、率先して情報を得る努力をするということ。インターネットで調べたり、より安く購入することも考えますが、身近な物に関しては、同じ主婦仲間の情報が一番あてになるように感じます。

私の周りにいる女性は節約上手ですが、同時に生活や自分自身の質を落とさないところが知恵であり、工夫であるように思います。

地味に面倒くさい体毛について

毎日の処理が面倒なので全身脱毛したいです。

同棲、結婚して毎日彼と一緒にお風呂入るようになったら、ムダ毛の処理はいつすれば良いのだろう…と思い、4年前に6回、脱毛サロンに通った経験があります。

※こちらのサロンに通ってました→脱毛静岡市

(実際、同棲し結婚しましたが、毎日一緒にお風呂入る事はなかったです(笑))

本当は全身脱毛したかったのですが、費用の事もあり、膝下、肘下、手甲指、脇を脱毛する事にしました。

なぜこの部位にしたかとゆうと、仕事の制服が半袖なので、2日に1回は腕を処理していたのと、週に1?2回バスケをしていて、冬でも半袖短パンになるからです。

誰も私の毛事情は気にしてないと思いますが、バスケは接触するスポーツなので、腕と腕がぶつかるのは当たり前で、昔ぶつかった時に『ジョリ』とした事があり、とても気持ち悪くて、それ以降ぶつかって相手に同じ思いをさせないよう、ちゃんと処理するようになりました。

脇も、試合のユニフォームがノースリーブなので、ディフェンスやシュートを打った時など、絶対に手を上にあげるので『脇毛大丈夫かな…?』といつも心配だったからです。

なので、1人では行きにくかったので、一緒にバスケをしていた先輩を誘い、脱毛サロンに通う事にしました。

私が通っていた脱毛サロンは、3ヶ月に1回ペースで予約を取り施術してもらうので、6回で1年半程かかりました。

カウセリングを受けた際、6回だとまだまだ生えてきますよ!と説明を受けましたが、本当にその通りでした。

脇に関しては、地元の脱毛サロンで3回施術してもらい、前のお店と合わせて計9回ですが、気にならない程度になりました。

あと、施術はしていませんが、背中が気になります。自分からは見えない背中ですが、ウエディングドレスを着た時に、背中もやっとけば良かったな?っと思いました。

少なからず、脱毛していたからなのか、ホルモンのバランスなのかわかりませんが、妊娠中は全くと言っていいほど、毛は生えてきませんでした。

悪阻が酷く、毛を剃ってる余裕などなかったので、その時は脱毛してて良かったなと思いました。

しかし、出産とともにまた生えてきました…
今は、小学生でも脱毛する時代。

私も高校生ぐらいから、コツコツとバイトし、そのお金で脱毛をしておけば良かったなと、今になって思います。

そして、もし今、時間とお金に余裕があるなら、全身脱毛を納得するまでしたいなと思います。

困りごとが多いムダ毛たち

今気になっている所は、やはり腋の下で、近い内に脱毛サロンにでも行って、プロの人に脱毛をお願いしたいと思っています。

何故なら、肌の露出が多くなる夏場だけではなく、厚着になる季節でも、普段見えないと思いながらも、腋の下は常に気になってしまうからです。

例えば、最近は回数も減りましたが、ジムや市民プールを利用する時、また医療機関などでの定期検診を受ける際など、色んなシーンで何かと気になるのが腋の下です。

さらに、最近は友人のお子さんの結婚式や、家族や親戚などの色々なお祝い事などに招かれることも度々で、普段とは違うおっしゃれ着を来て、人との距離が近くなる機会が何かと多いのですが、気になる腋の下がしっかり処理出来ていれば、気後れせず楽しく過ごせると思います。

それに、暑い夏場だけではなく、腋の下は常に汗をかく部分なので、脱毛することにより、匂いの元となる雑菌が繁殖することを防ぐことが期待出来そうなので、他人も自分も不快にさせないためにも、良い対策になると思います。

元々毛深い方ではなく、手や足そして全身も、近くでよく見ないと殆ど見えない位の、産毛程度のものしかないのですが、腋だけは何故かしっかりと生えていたので、若い頃から自己処理が欠かせず、いろんな方法で処理して来ました。

ただ、試した事もあるのですが、強い痛みが伴う、毛抜きやワックスを使う方法などは苦手だったので、いつも簡単なシェーバーでの処理を主に行ってきました。

その後は若い時と違って、年々生えるサイクルも長くなり、その量もぐっと減って来てはいるのですが、まだ処理は欠かせません。

脱毛すれば、自己処理の手間が省けますし、それ以外に、もう毛が生えて来ない所にうっすら毛根の様な毛穴が目立ち、シェーバーによるものなのか、肌の状態も良くなく少しザラっとした感触もあり、この点も気になっていて、脱毛と同時にこの肌質を改善させて、ケア出来ればと思っています。

若い頃は、働いていても限られた予算も有り、他にお金を掛けてやりたい事などもあったので、プロによる脱毛を試したいと思いながらも、ずっと後回しにして来ましたが、今、少しはゆとりを持てるようになったので、思い切ってこの機会にチャレンジしたいと思います。

私の地元になってしまいますが、堺市の脱毛サロン&クリニックについて紹介します。【堺市で人気の脱毛サロンは?※医療脱毛クリニックやメンズ脱毛も

女性にとって、脱毛適齢期なんてないと思います、思い立った時がベストだと思います。